理想的なポートフォリオを構築する

ポートフォリオとは、運用資産の構成状況(組み合わせ)のことをいいます。

自分の資産を100パーセントだとしたら、

30パーセントは株、30パーセントは定期預金、40パーセントは不動産。

そんな風に自分の資産の構成のことを「ポートフォリオ」と言います。

資産運用のパフォーマンスで最も重要なことは、売買のタイミングではなく、ポートフォリオの組み方だと言われています。

 

では、ポートフォリオを組む際に大切な考え方を3つご紹介します。

 

①分散投資をする

目次

ポートフォリオ作成を始める前に、考えるべきポイントは分散投資をすることです。

今後の経済がどのように動いてもリスクを抑えられるポートフォリオが理想となります。

一つの投資商品に集中せず、複数の商品に分散することで、リスクを最大限に減らすことが可能です。

②長期的な視点を持つ

投資の醍醐味は、時間を味方につけて、大きく資産を増やすこと。

特に「複利」の力を活用するには、一定の時間が必要です。

何年後にどれくらいの資産を作りたいか。

長期的な視点を持ち、未来のビジョンを明確にすることで、理想的なポートフォリオが組めるでしょう。

投資スタイルを考える

投資スタイルを考える場合は、金融商品の中でもハイリスク・ハイリターンの投資対象、ローリスク・ローリターンの投資対象をどのくらいの割合・投資額で持つかが一つの目安にするとよいでしょう。

また、保持する貨幣についても、外貨と日本円を上手に組み合わせることで為替の変動リスクや国内のインフレリスクも軽減することができます。

 

 

自分に合ったポートフォリオを考えることは、自分の人生を見つめることでもあります。

将来設計をしっかりして、自分だけの理想的なポートフォリオを構築してください。