地方でのんびり暮らしながら、世界と繋がる生き方をしよう!!

セミナーを開催する理由

目次

先日、久しぶりにセミナーを開催しました。

「地方に暮らして世界と繋がる!未来の経済と生き方セミナー」というタイトルです。

このタイトルは、まさに今、私自身が目指しているもの。こうありたいと思う姿。

 

地方で田舎暮らしをしつつも、世界に目を向け、世界を舞台にビジネスができるように

もっと成長したいと思っています。

 

これからは、飛行機で世界を周るのも難しい時代ですから、

田舎で農業をしつつも、

インターネットを駆使して、世界のどこにいてもできる仕事をする。

そんなワークスタイルが確立するのではないでしょうか。

 

今年になって、コロナが中国武漢で発症して以来、世界は大きく変わってしまいました。

今まで出来ていたことが出来なくなったり、

当たり前が当たり前ではなくなってきたことで、

私達は嫌でも自分の生き方を見直さざるを得なくなりました。

 

この現象をマイナスと捉えずに「今できること」にフォーカスして、

もっと前向きに楽しく人生を送るためにはどうしたら良いのか。

それをみんなで考えたい。

それがセミナーをする一つの理由です。

 

もう一つの理由は、

私と同じ公務員の人達が次々に「辞めたい」と言い始めたこと。

仕事に行き詰まり、悩んでいる後輩達のために何かアドバイスできることはないか、、。

そう思って考えたのが、今回のセミナーのコンテンツです。

 

同じように、自分の働き方、生き方を考えている人に役に立ててもらえば何よりです。

 

 

 

 

お金がなかった時代のこと

お金の勉強をし、「考え方」の勉強をし、

今までの価値観を捨てて、新しいことに挑戦した結果、

自分の人生は大きく変わりました。

 

ただ、2年前までは、普通の公務員でしたし、借金も多く、酷い状況でした。

考え方も未熟で、

いつも誰かの性にして、自分自身を変えようとは思いませんでした。

 

そんな最悪の状態を赤裸々に話すことで、みんなに勇気を与えられたら、、と思い、

セミナーでは、正直な自分の過去を話しました。

 

誰でも、人生良い時ばかりではありません。

最悪の状態もあるのです。

でも、最悪の状態が酷ければ酷いほど、大きなエネルギーに変えて大逆転できることもあります。

 

「自分は才能がない」だと卑下したり、

まだ今は時期ではない、、と逃げ腰になったり。

そういうネガティブなエネルギーにさよならしてもらうためにも、

私の最悪だった頃の状態を知って欲しいと思いました。

 

 

 

人は変われる

私は、お金の使い方、お金の増やし方、お金に対する考え方。

全てを変えました。

 

仕事に対する姿勢も前とは全然違います。

人との付き合い方もそうです。

 

自分が変わると、急激に環境が変わり、付き合う人が変わり、

人生が変わってきます。

 

どうやって、資産を増やしたのか。

どうやって、50歳まで公務員だった私がビジネスに取り組んだか。

そんなことを私の経験に基づいて、話をしました。

 

私のやっている投資についても全て公開したのですが、

資産構築についても、考え方次第で、結果は大きく変わります。

 

「投資」という言葉の悪いイメージを一掃することで、

「お金」という素晴らしいエネルギーを引き寄せることが出来ます。

 

もちろん、長年染み付いた潜在意識は手強いですが、

「変えよう」と思えば、いつからでも変えることが出来るでしょう。

 

経験は宝

私達がこの世に生きている価値は、

いろんな経験をして、その経験を通じて、いろんな感情を味わうことではないかと思います。

 

投資もビジネスも人間関係も

何も挑戦しないことが一番の損失であり、

失敗の数だけ学びがあるものです。

 

そう思うと、公務員という仕事も世の中では必要ですが、

ビジネスを通じて、いろんな挑戦や経験をすることは大きな価値です。

自分の努力次第で、収入は青天井ですし、

世の中に価値を与えようと思ったら、どんなことも可能です。

 

セミナーでは、資産運用もビジネスも、

経験の一つとして、取り組んでもらおうと、具体的な事例をたくさん出しました。

 

ビジネス、特に複業を進めることで収入の入り口を増やすこと。

臨時収入を作ったら、それを更に資産運用で定期収入にすること。

そんな話をさせて頂きました。

 

全ては幸せになるために

仕事を辞めて起業したり、

資産運用をして、収入を増やしたり。

 

それは、全て、幸せになるための手段の一つです。

それをしなければ、幸せになれない訳でもありません。

 

「時間」は有限であり、

命と同じ重みの時間をどんな風に過ごしていくか。

どうやって「自由」な時間を増やして、豊かな生き方にシフトするか。

それを考え続けることで生き方は変わっていきます。

 

「こんなものだ」と諦めることなく、

幸せになることにもっと貪欲になって良いのではないか。

そう思います。

 

最後に私が伝えたのは、

人にはみんな平等にチャンスが巡ってくるけれど、そのチャンスを掴むためには、

「準備」と「行動」と「運」が必要だということ。

 

特に「運」については、

言葉の使い方や思考によって、幸運になったり不運になったりするので、

注意が必要です。

 

運の良い人になって、

チャンスが来たら、勇気を持って「行動」することで、

人生は大きく好転するはずです。

 

セミナーに参加してくれた方々の幸せを願いつつ、

これからも自分自身の成長の為に努力していこうと思っています。